仲介手数料無料 横浜でリノベマンション・新築一戸建ての購入なら親切・丁寧がモットーの大野宅建へ

お問い合わせは 045-624-0033
来店予約メールはこちら
  • お問い合わせは045-624-0033
  • メールはこちら

30歳台で新築一戸建を購入する人が増えている?

30歳台で新築一戸建を購入する人が増えている?




本日は、人生の一大イベントである住宅購入の時期について、年齢的にいつ頃がベストなタイミングなのか、またその理由について詳しく解説していこうと思います。

人生の大きなイベントとして、一つは結婚、二つ目に出産、三つ目に住宅購入という三大イベントがあります。今回は、住宅購入の時期や年齢について、他のみんなはいつ位の年齢で住宅を購入しているのかお知らせしたいと思います。
ご存じの通り、住宅購入は人生の中で最も大きなお買い物になります。よって、仕事やライフスタイル、家族構成や収入など、ある程度の見通しが立ってから住宅購入を検討する人が多いと思います。
では、皆さん何歳位で住宅を購入しているのでしょうか?
住宅ローンの返済計画やライフプラン、市場動向など様々な角度から検証してみます。

住宅購入の平均年齢
海外の例をみてみますと、住宅の購入を積極的に支援しているアメリカが30歳、一方ドイツでは42歳と言われています。
また、中国では初めて住宅を購入する人の年齢が27歳にまで下がったというニュースが話題になりました。27歳という年齢は若すぎるような気がしますが、日本で実際に住宅を購入している人の平均年齢はどれ位なのでしょうか?

住宅金融支援機構の調査によると、「フラット35」を利用して住宅を購入した人の平均年齢は、40歳。一戸建てやマンションなど、購入する住宅のタイプによってそれぞれの平均年齢は異なりますが、最も若い新築住宅の場合では、平均37歳となっています。

35年ローンを組むなら20歳台後半30歳台中盤がベター
「フラット35」の利用者は、40歳台未満が58.7%と半数以上を占めています。
住宅ローンが組めるのは最長で35年。月々の毎月返済をより軽くしたいなら、35年ローンを契約し、定年前に完済してしまうのが賢い住宅ローンの利用法だと言われています。
20歳台後半〜30歳台中盤なら共働き世帯も多いと思われるので、しっかりと繰り上げ返済を行い、支払い期間や総返済額を少なくすることも可能となります。
一方40歳台を過ぎると、35年ローンを組むのが難しくなってきます。
なぜなら住宅ローンの利用条件のひとつに完済年齢があり、79歳までと決められているからです。
自己資金が潤沢にあり予算的にも無理がなければ、短い返済期間で住宅ローンを組み、上手に返済していくことも可能ですが、最近の傾向として20歳台後半〜30歳台中盤で住宅ローンを組む方が増えています。

ライフスタイルが固まる時期
住宅購入の大きな理由として、一つ目は子供や家族のため、2つ目に家賃を払い続けるのがもったいないというものがあります。
結婚後、子供の出産や幼稚園や小学校の入園、入学などライフスタイルが固まってくる時期が30歳台〜40歳台位ではないでしょうか。もちろん、ライフプランはそれぞれの家庭によって異なってきますが、人生設計がある程度固まる時期という意味でも、30代台前後での住宅購入は適切といえるのではないでしょうか。
また、賃貸住宅に住んでいる場合でも、家賃は払い続けなければならず、その住まいが自分の所有、資産になることはありません。
それであれば、同じ住居費を住宅ローンにあて、資産となる新築住宅を購入したいと考えるのは間違いではないでしょう。
こういった考え方が自然と身につき、仕事や収入が安定してくるのも30歳台という年齢なのではないでしょうか?

住宅市場の動向も関係している?
中国の例では、住宅購入の平均年齢が急激に下がった原因として、若者がマイホーム購入への焦りを感じていること、中国の不動産価格が高騰していることが背景にあると言われています。
一方日本では、コロナ禍によるテレワークの普及や住宅ローン金利の低さなどから、お得に買える今のうちが良いと考えられ、住宅購入に踏み切る人が増えてきています。

コロナ禍による景気の見通しが不透明な今だからこそ、若いファミリーの方は住まいという資産に安定を求めるのかもしれません。
結婚適齢期がみなそれぞれ違うように、住宅購入に適した年齢も人それぞれです。
早すぎる決断をするよりも、しっかり頭金を貯め、慎重に購入したいという人もいるでしょう。
ただし、いつかはマイホームを購入したいと考えるなら、ライフスタイルがある程度固まった、住宅ローンの返済能力もある30歳台のうちに購入しておくのが、賢い選択かもしれません。

住宅ローン金利だけでなく、住宅ローン減税や住宅エコポイント制度なども整っている今、住宅市場は「空前の買い時」と言われています。
あなたは何歳くらいで住宅購入をしたいですか?


お手続きの中でご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問合せください。
仲介手数料無料 横浜不動産専門店の大野宅建
TEL 045−624−0033  http://www.oonotakken.com

記事の更新日:

PAGE TOP