仲介手数料無料 横浜でリノベマンション・新築一戸建ての購入なら親切・丁寧がモットーの大野宅建へ

お問い合わせは 045-624-0033
来店予約メールはこちら
  • お問い合わせは045-624-0033
  • メールはこちら

火災保険は住宅ローンに必須?火災保険の必要性とは

火災保険は住宅ローンに必須?火災保険の必要性とは   



マイホームの購入は、人生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。マイホーム購入時に、住宅ローンの契約や手続きなどに意識が集中するあまり、後回しになりがちなのが「火災保険」です。今回は、住宅ローンと密接な関係にある、火災保険の必要性や加入のポイントについてご紹介します。


火災保険に加入する意味

実際に家を購入する際は、必要な経費が思いのほか多いものです。そのうちの1つが「火災保険の加入」でしょう。ここでは火災保険の加入する意味を、順を追ってご説明します。


住宅ローンに火災保険は必須?

「住宅ローンを組む際、火災保険には必ず加入しなくてはいけないか?」と疑問を持つ方が多くいらっしゃいます。本来、火災保険の加入は任意です。また、必ずしも住宅ローンを契約した金融機関と提携している火災保険に加入する必要はありません。
しかし、現実は火災保険の加入を必須条件としている金融機関がほとんどです。そのため、マイホーム購入の際は、住宅ローンと一緒に、あるいは事前に火災保険の契約を結んでおくことが一般的です。


火災保険に加入しなかったら、どうなる?

「自分は火事を出さない」と自信がある人でも、近隣からの類焼(もらい火)で損害を被る可能性があります。火元が隣家でも、あなたの家に及んだ被害を損害賠償する義務は、法律上ありません。住宅ローンの返済や新しい住居の準備ができる自己資金がある場合は問題ないですが、一般的にはなかなか厳しいでしょう。
類焼・延焼といった不測の事態は、誰にも予想すらできないものです。「自分の家は自分で守る」という意味でも、火災保険の加入は必須だと言えます。


火災保険と地震保険はセットで入るもの?

最近は日本でも大きな地震が頻発しているため、多くの方が地震保険の加入を検討しています。では、火災保険と地震保険の違いは何なのでしょうか。

・火災保険
火災、落雷・風災などの天災などにより建物や家財に生じた損害を補償する保険(住宅の場合は、建物や家財)

・地震保険
地震・噴火・津波を原因とする、火災・損壊・埋没・流出による損害を補償する保険(国と民間の損害保険会社が補償を分担する公的保険のため、保険料は原則一律で、2017年以降、段階的に値上げされる見込みです)

火災保険だけでカバーできない被害を考えると、火災保険だけ加入すれば安心とは言い切れません。しかし、地震保険は単独で加入することができず、あわせて、昨今の大地震の頻発性を踏まえ、火災保険の加入時に地震保険をセットにする人が多い傾向にあります。


火災保険の選び方

いざ、火災保険に入ろうと考えたときに、どのような保険を選べば良いか分からない方がほとんどでしょう。ここでは、火災保険の選び方の基本的なポイントを3つご紹介します。


保険の種類

火災保険と一口に言っても、どんな種類があるのか、初めてのことでピンとこない方のために、住宅用の火災保険の基本的な内容についてご紹介します。以下は、受託用火災保険の種類です。

・住宅火災保険
住宅の建物・家財などに掛ける保険火災・落雷・破裂・爆発や台風などの基本的な災害を補償

・住宅総合保険
住宅の建物・家財などに掛ける保険で、基本となる「住宅火災保険」の補償に加え、水害や盗難・水ぬれなどを補償

住宅用の火災保険は「住宅火災保険」を基本に、さらに手厚い補償を求めるのであれば「住宅総合保険」を選択し、さらには、追加オプションとして「地震保険」などを選ぶという仕組みになっています。補償内容については、各保険会社によって異なりますので、比較しながら、無理のない「等身大の保険」を選ぶと良いでしょう。


保険期間

以前、火災保険の保険期間は、最長で36年間の契約が可能でしたが、2015年10月に、最長10年までに改定されました。保険期間は選択でき、契約期間が長くなるほど保険料の割引率が高くなるというメリットがありますが、そのぶん、1回で支払う保険料の負担は大きくなります。


相場はあるの?

住宅の購入はいろいろとお金が掛かるもの…。できれば、保険料などの費用をできるだけ抑えたいと考えるのは当然です。家の購入の際に掛かる火災保険料の相場は、保険期間10年・一括払いの場合、40万円前後と言われています。

火災保険に限らず、手厚い補償を付ければ、それだけ保険料も高額になります。「備えあれば憂いなし」ですが、本当に必要な補償内容を見極める目が求められます。


最後に

マイホームの購入は、人生に幾度とない特別な買い物。どんなインテリアにしようかという夢をはせるのは喜び、かつ、醍醐味です。同時に、自分と家を守る「火災保険」についても、真剣に向き合いたいものですね。

【仲介手数料無料横浜で検索】

横浜の不動産購入なら仲介手数料無料の大野宅建へ!

https://www.oonotakken.com/

記事の更新日:

PAGE TOP