仲介手数料無料 横浜でリノベマンション・新築一戸建ての購入なら親切・丁寧がモットーの大野宅建へ

お問い合わせは 045-624-0033
来店予約メールはこちら
  • お問い合わせは045-624-0033
  • メールはこちら

元利均等返済とは?住宅ローンの返済方法を決めよう

元利均等返済とは?住宅ローンの返済方法を決めよう





住宅ローンを返済する方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類があります。その特徴の違いを理解した上で比較すると、最適な返済方法を選ぶことができるでしょう。そこで今回は、住宅ローンの返済完了を見据えて選択するポイントをお伝えします。

元利均等返済とは?

元利均等返済とは、毎月支払う返済額が同じ金額になる返済方法です。返済金利が変わらない限り返済額は毎月一定となるため、返済計画が立てやすく、多くの方が利用しています。返済当初は利息分が多く元金分が少ないため、元金の減り方が遅くなることが特徴です。

元利均等返済のメリット

月々の返済額が一定であるため、完済までの返済計画が立てやすいことがメリットです。また、元金均等返済に比べて、返済当初の返済額を少なくできるメリットもあります。

元利均等返済のデメリット

元金返済のスピードが遅くなるため、借入残高が減りにくい点はデメリットです。また元金均等返済と比べると、借入期間が同じ場合、総返済額が多くなってしまいます。

元利均等返済がおすすめの人

収入が減る可能性が高い方、教育費など負担が増える予定の方におすすめです。月々の返済額が多いとローン地獄に陥る危険性があるため、無理のない返済をしたい方は元利均等返済を検討してみましょう。

元金均等返済とは?

元金均等返済とは、毎月支払う返済額のうち元金の額が変わらない返済方法です。元金が固定されるため、利息は残りの元金によって変動するという特徴があります。元金が減るにつれ利息も減っていくため、支払い回数が増えていくほど毎月の返済額は減っていく仕組みです。

元金均等返済のメリット

返済回数を増やせば月々の返済額を減らせることが大きなメリット。また、元利均等返済に比べて元金の減りが早いため、借入期間が同じ場合の総返済額は少なくなります。

元金均等返済のデメリット

返済当初の返済額が高いため、返済する負担が大きくなります。また、毎月の返済額が変動するため、事前に計算をしていないと出費を把握しにくい場合があります。

元金均等返済がおすすめの人

安定収入がある方、元金を早く減らしたい方におすすめです。貯金が多く、将来的な不安要素が少ない方向けといえるでしょう。退職まで時間がある、多額の資金(教育費や介護費など)が不要などの場合は検討してみてください。

住宅ローンの返済方法を決める際の注意点

住宅ローンの返済方法を決める前に、まずはライフプランについて考えてみましょう。家族構成、収支、将来設計など、現時点だけではなく、先を見据えた計画を立てることが大切です。元金を早く減らしたいときは元金均等返済がおすすめですが、無理せず元金を少しでも早く減らしたいという場合は、元利均等返済と繰り上げ返済を併用する方法もあります。併用すると、元金均等返済と似たようなスピードで借入残高を減らせる場合があるためです。しかし、繰り上げ返済には手数料が発生する点に注意が必要です。繰り上げ返済手数料は金融機関ごとに異なりますが、3万円程度が相場とされています。その手数料を加味した上で負担にならないかを検討しましょう。金融機関によっては手数料が無料の場合もあるため、利用機関に確認してください。

最後に

今回は住宅ローンの返済方法、「元利均等返済」と「元金均等返済」についてご説明しました。大きな支出の予定がなく、資金的に余裕がある場合は元金均等返済が、収入の安定性に不安がある場合は元利均等返済がおすすめです。どちらにもメリット・デメリットがあるため、自分のライフプランに最適な方法を選択しましょう。

【仲介手数料無料横浜で検索】

横浜の不動産購入なら仲介手数料無料の大野宅建へ!

https://www.oonotakken.com/

記事の更新日:

PAGE TOP